ソーリーベイベー

一非常勤講師の覚え書きです。天津飯をこよなく愛しています。毎週月曜日18時更新です。その他のタイミングでも時々更新します。

久しぶりに徹夜をした

今日から30日まで長野県に肉体労働に行く。
応募する予定であった講談社児童文学新人賞は3月29日が締め切り(消印有効)で、肉体労働に出てしまうと送れなくなるので昨日までに仕上げるつもりであった。

作品は幾度となく見直してもうほとんどいじるところは見当たらない。恐らくこれ以上は1が2になって3になって、という変化ではなく、AがBになってCになって、という変化になる。つまりどっちでもいいということだ。

であるので、軽い気持ちで昨日の夜から最後の見直しを行っていたのだが、気がついてみると朝の4時だった。何をやっとるんだ僕は。
それからあらすじ書いて、体裁を整えて、みたいなことをやっていると長野に向けて出発する時間になった。おまけになんとしたことか、講談社児童文学新人賞は原稿の右上にパンチで穴をあけ、紐で綴じなければならない。これまでダブルクリップでとめる形式の賞にしか応募したことが無かったので、完全に見落としていた。

紐っつったってそんなもの都合よく家にはない。麻紐やビニールテープならあるがさすがに原稿を綴じるには不謹慎な気がする。見た目のナメてる感がすごい。

たかが紐、されど紐。

時刻は朝5時過ぎ、100均も文房具屋も開いていない。嫁さんに頼んで行こうかとも思ったが、やっぱり自分の作品は自分の手で綴じて、自分の手で送り出したい。

ということで長野まで原稿を持って行くことにした。仕事の開始まで長野で少し時間があるので、その間に紐を買い、原稿を綴じて郵便局にて郵送する。

原稿を持ってきたことで、電車の中で見直すこともできるじゃないか。こうして良かったかも。
いや、待てよ。それでもし手を加えたくなった場合はどうすりゃいいんだ。困ってしまうぞ。パソコンは一応持ってきたが、打ち直してプリントアウトして……コンビニがあればなんとかできるか。しまった、パンチも持ってくりゃよかった。同じパンチじゃないと穴の位置がズレる。
それとももうキッパリと諦めて原稿を見直さない方がいいのか?


うーん、眠い。

非常勤講師の価値

次年度勤める学校が決まった。これまでは2校を股にかけてやってきたが、その2校で非常勤の時間枠が少ししか取れない旨を3月の最初の方に伝えられていたので、違う学校から来た話を受けた。

時間数は週16時間、受け持つ科目は政治経済と世界史ということになった。
政治経済を受け持つのは初めてだが、高3の全クラスの政治経済の授業を僕が受け持つ。

この話を受ける際に学校から「やったことありますか?」とか「できますか?」とかいう話は一切無い。
非常勤をやるというのはそういうことである。簡単に言うと何でも屋だと僕は思っている。
学校側も僕に素晴らしい授業など期待してはいない。100点でなくていいから40点の授業をしてくれればそれでいい、そういう感じをすごく受ける。どんなでもいいから生徒が50分座っていればそれでいいのさ。

授業に対し熱意を持っている先生ももちろんいる。しかし役人みたいになってしまう先生の数は、熱意ある先生の数をはるかに凌駕する。
別にその先生が悪いわけではない。学校という閉じた世界の中にずっといれば、そうなることはある程度必然であるようにも思う。

そういう世界で非常勤として生き延びるには問題を起こさない、目立たない、を厳守すればいい。あとは時々付き合いをすればそれでいい。
それが非常勤に求められている全てのことだ。授業は教科書通りにやりさえすれば何も問題はない。



だが、と僕は思う。それでは全く面白くないのだ。毎日がどんどん退屈なものになって、僕のやることなすことも役人のようになっていく。
逆にそうなりたいなら僕は非常勤を意図的に続けることなどしないで、常勤をやって、教員採用試験に合格すべく必死に努力しているだろう。

枠に縛られない、自由な非常勤にしかできないことがあると、僕は確かに思っている。
それこそが非常勤の価値なのだと。そしてその価値を高めたいとも思っている。
だから僕はおとなしい非常勤の仮面をかぶって、授業の中では先ほど言ったことの真逆をやる。虚栄心のためにやるわけではない。その方が楽しいからそうするんだ。楽しい授業を考えた結果として、教科書を使わなかったり、目立つ授業になってしまうだけだ。

その授業に何を求めるかはその先生の自由裁量だ。僕は楽しさをこそ求めるべきだと思っている。

次年度の授業のメインは政治経済ということで色々と楽しい話ができそうである。勤める学校が大学受験とほとんど関わりのない学校であることも恵まれていると思う。より自由にできるからだ。
政治経済の授業は、確定申告からやってみようかと思っている。


絶対にそんなことにはならないが、いつか非常勤講師が授業の楽しさに応じてランク分けされ、ランクによって給料が変われば面白いのに、とかいつも思っている。せっかく生徒に授業評価させてるんだからそれを有効活用すればいいじゃないか。

あるいは今ある先生という制度を全廃して、生徒のお父さんお母さんが毎日交代で先生をやる、というのはどうだろう?
言うなれば裁判員裁判の先生版だ。裁判員できるんなら先生もできると思うが。

だって本来子どもを育てるのは親の仕事だろう?
その一番大事な仕事を人に任せるのはあまり得策とは言えない。ルソー先生もエミールの中でそう言ってるぜ。

まあ、おかげで僕みたいなのが食えてるわけだが。

ゼブラのGペンとペン軸とインクと漫画の原稿用紙を買った。

ついに、ついにこの時が来たのか。
銀行の残高を確認してみる。4200円しか入っていない……


いけない。
いけなーい!!



次の給料日までまだかなりある。どのようにして生きるのだ貴様は?
しかも給料日がやってきたとしても、今月はほぼ授業がなかったので来月の給料は雀の涙。多分2万円もないだろう。大変まずい。

我ら非常勤の頼みの綱にして最後の希望、確定申告による還付金が振り込まれるまでの時間もかなりある。昨年よりはもらえる額が大きいが、そんな1ヶ月も先の未来のことは問題ではない。大切なのは今だ。
このままでは何も出来ない。確かに引きこもるのは嫌いな方ではないが、「強制的に引きこもっていなければならない」というのは話が別だ。それは嫌だ。外に出たい。

かくなる上はやむを得ぬ。任天堂switchのソフトを売りまくろう。

ということで僕はbookoffなる聖域に向かい、

ゼルダの伝説 breath of the wild」
大乱闘スマッシュブラザーズspecial
スプラトゥーン2
「ウルトラストリートファイター2

の4本を質に入れた。
大体14000円ぐらいになってビックリした。switchのソフトって時間が経っても高く売れるんだなあ。
この中では確かゼルダの伝説が一番高かったんじゃないか。2年ぐらい前に出たソフトなのに4000円以上で買い取ってくれた。さすが神ゲーの名を欲しいままにしただけのことはある。
スマブラは友人に勧められて始めたものの、結局熱が長続きしなかった。対戦ゲーはあんまり向いてないのかも。


ともあれ、こうして14000円の軍資金が手に入ったところで早速都会へ出る。画材を買うためだ。すなわち自転車操業に次ぐ自転車操業だ。金を眠らせている暇など僕には無い。
switchのソフトたちよ、喜べ。お前らははるか高貴なる画材へと転生するのだ。

昔ウチの親父が、家に遊びに来た友人から金を借り、借りた金をその場で僕につかませて「酒を買ってこい」と厳命する事案が発生したことがあったが、それを画材を買いに行く途中少し思い出した。その友人は親父の発言を聞いて爆笑していた。
金は稼ぐものではなく回すもの、みたいな感覚がどこか僕にもある。金は無ければ無いでそれはしょうがないんだけど、どうしても必要な時があるからその時は何か売るなり、借りるなりして金を回すしかない。


ところで画材のことだが、僕は特にペン先が欲しかった。これまでペンはsigma0.38mmボールペンを使っていて、まあそれでも十分だったんだけど、どうにも単調な線しか引けず、絵が機械的になるのが嫌で、漫画家の先生が使っているペン先に手を出してみようと思った。
加えて、
「ペン先? Gペン使ってますよ、ゼブラの」
とかサラッと言ってみたくもあった。
むしろそっちの方が動機としては強かった。たまには調子に乗らせてくれ。
switchのソフトたちよ、喜べ。貴様等は私の虚栄心の肥やしとなるのだ。


ということで、梅田の阪急3番街にあるToolsさんへ。

初めて行ったのだが、パッと見た感じの店の小ささにビックリした。絵を描くための画材がたくさん置いてあると聞いてきたのだがとてもそんな風には見えない。早速中に入ってみる。置いてあるのはマスキングテープ?とかなんかそんな感じのかわいい文房具ばかりだ。絵を描く者が宿す「負」あるいは「腐」、もしくは「闇」みたいなオーラがこの店にはまるでない。
どうなってるんだ?

お客さんも若い女性ばかりで、はっきり言って僕みたいな腐れ外道が居ていい空気ではない。この中にはswitchのソフトを売りまくってはるばるやってきた人間はおよそいないように見える。
いたたまれなくなって僕はすぐに外に出た。

ペン先は他のところでも、なんだったらamazonても買えるのだけど、僕が欲しいペン軸が他の店には置いておらずamazonでも買えなかったので、Toolsにやってきたのだが、見当違いだったのか。

とりあえず心を鎮めるためにヨドバシカメラに入る。中をウロチョロしてみるが特に欲しいものなどなく、頭の中は画材のことでいっぱいだ。
大阪には心斎橋にkawachiという大きな画材屋さんがあるようなのでそこに行ってみようかと思ったのだが、Toolsのためにせっかく梅田までやってきたのだからと思ってもう一度スマホで店を確認してみる。外観は間違いなくここだ。しかし内観が違う。
コピックがこんなにたくさん並んではいなかった。どこだここは?

お店の人に聞いてみようと思って再度Toolsに行ってみた。写真と照らし合わせるべくグルリと店の周りを半周したところで気がついた。地下にも店があったのだ。

なんともわかりにくい。せめて看板とか貼り紙とかしててくれたらいいのに。

ともあれ無事に発見できたので安心して地下に降りてみると、地下にいるお客さんは気合いの入った方ばかりだった。

いや、上と下で色々違いすぎないか?
なんか殺るか殺られるかみたいな空気が流れてる気がする。コワい。

f:id:yoakenoandon:20190318163419j:plain
雰囲気がガチよりのガチ
僕みたいな素人がこのような場所に長居するのはスラム街を真っ裸で歩くより危険であると思われたのでさっさと目当ての物だけ購入して退散した。

一応買ったものとしては、

ゼブラGペン(ハード)
東京スライダのペン軸
パイロットの黒インク(製図用)
アイシーの漫画原稿用紙(B4)

の4点であった。合計で3000円にもならなかったと思う。
ペン軸は目当てのモノが見つかって嬉しかった。

f:id:yoakenoandon:20190318165138j:plain
ペン先に刻印された「G」の文字がかっちょいい。

家に帰って早速描いてみる。ちょうどJOJOの模写をシャーペンでしたものがあったので、それにペン入れしてみた。

f:id:yoakenoandon:20190318155230j:plain
初めてのペン入れ。ベタのところもペンで描いた。いや、なんかカッコよくないすか?シャーペンでの下描き状態とは全然違うことを強調したかったが、下描きを撮るの忘れた。

う、うおぉぉぉ。


なんかカリカリいってるぜ。それっぽい。それっぽいていうかそれなんだけどそれっぽい!
細いところがちゃんと細く描ける。線がもっちゃりしない。ボールペンとは明らかに違う。
時々線が暴発的に太くなるが、これは慣れによりコントロールできるようになるんだろうか?
そういうところもなんつーか、ピーキーで良い!
「あのピーキーなペン先を使いこなすなんて、お前は一体……」
とか言われてみたい。

でも一番気持ちいいのは音かもしれない。このカリカリ音は何だかずっと聞いていたくなる音だ。そう思って三脚を使って音を録ろうとしたが音が小さすぎて上手に録れなかった。一応ツイッターに上げたけどIEで見ることができないし、音も音量すごい上げないと聞こえない。ごめんなさい。

やっぱりシャーペンだけでなくて、ペンを入れると絵がグッと締まる気がする。シャーペンのままのものもそれはそれで好きなんだけれど。

f:id:yoakenoandon:20190318155509j:plain
シャーペンだけだとこんな感じ。
ペン軸やインクは他のモノを使ったことがないので、何とも言えないけど、特に不便は感じない。ペン軸は見た目だけで選んだし。持つところがクネッとなってるところがPINARELLOのONDAフォークみたいでカッコいいのではないかと個人的に思っている。

今はモノクロの適当なイラストをGペンを使って一枚描いている。
もうすぐ描き終わりそうなので、描き上がったら絵だけここにもアップしようかな。


それより何よりどんなのでもいいから、今年は漫画が描きたい。もうなりふり構っていられる状況じゃない。というかなりふり構っていては何もできない。
そのために原稿用紙を買ってきたのだし、買ってきた画材さえあれば十分に描けるのだ!その事実が嬉しい。漫画を描くということは、そう遠くにある事象ではなかった。


switchのソフトたちよ、君たちは転生の結果、私に無上の喜びを与えたぞ!

f:id:yoakenoandon:20190318155409j:plain
switchのソフトが転生した結果。

ブログを始めて1年が経った

月曜日に更新する、と先週言っておいて、今日までの間に2回もブログを更新したわけだが、一応「月曜日の夜18時には必ず一回更新がある」ということで、それ以外の曜日にも余裕があれば更新していくつもりである。
つまり月曜日の18時は最低限の保証と捉えて欲しい。

というのも、降って湧いて出るように書きたいことが出てくるときがあるので、その時は月曜日以外でも更新せざるを得ない。

仕事が休みの時期に入って(春休み)、書くためにはやはりある程度の時間が必要なのかもしれないと思った。時間がなければ書こうという意志さえ湧かない。


昨年思い立ってブログを始めてから1年が経った、ということをはてなブログさんからもらったメールで始めて知った。はてなブログさんは時折レポートをくれたりする。でもくれないときもある。基準がよくわからない。
ブログ開設から1年、何とも速いものだ。

数値で言うと、1年間の合計アクセス数は9852、記事の数は95、また21人の方がこのブログの読者となってくれた。ありがとうございます。毎回励みになっています。

1年間で約1万だと?すごいじゃないか。mixi時代にはとても考えられなかったことだ。

もともとはmixiの時代に自己慰安のために日記を書き始めたのがきっかけだった。いや、もっと遡ると中3の時に大学ノートに日記を書き始めたことが最初だった。
その大学ノートにつけている日記もちょうど昨日、10冊目を書き終えた。嫁さんの退職やら、ブログ開設1年やら、日記10冊目やら、色々と節目なのだろうと思う。

大学ノートにつけている日記は、ここで書いている日記とはまるで別物になっている。それこそ本当に自分のためだけに書かれたもので誰にも決して見られたくない。そこでは日常は描かれず、僕の頭の中がフルで展開されている。時々読み返してみると色々発見があって面白い。
今まで何気に日記帳をつけてきたが、よく考えてみたらそれは大学ノート10冊の自分の作品集を作ったのと同じではないか、と最近思うようになった。
多分、死ぬまで書き続ける。


ここで書くことも、書くこと自体が僕にとっては楽しみの一つであるので、やはり自己慰安のためなのだろうと思う。だけどここは人に見られることを前提とする場であるので、完全なオナニープレイはできない。それを続けるというのもスタイルの一つではあるかもしれないが、僕にはできない。精神力がとても保たない。
だから僕も見られることを前提に書くし、やはり見てもらえると嬉しい。

「誰に見られなくとも、自分のために書くんだ!」
なんてことをブログを始めた当初は思っていたが、やっぱり誰にも見られないのは虚しい。一人ぼっちになってしまった気がする。たくさんの人に見てもらえることは、とても嬉しいことなのだし、自分も見てもらうために書いているのだ。自己慰安のためだけではない。
そういうことに最近気付いた。随分気付くのが遅い気がする。

そのくせ僕には嫌なところがあって、他の人が面白い日記を書いていても
「なんだこんな日記、我がブログの方が絶対に面白い!認めぬ、負けは決して認めぬ!!」
などとケンシロウに対するラオウみたいになって、いいね(はてなブログのスター)を決して押そうとしなかった。

f:id:yoakenoandon:20190311173220j:plain
訳が分からん。誰と闘ってるんだお前は。
要するに井の中の蛙が、井戸の中で殿様やってたわけであるが、最近ようやく井戸の外に出ることが出来た気がする。出てみるとなんだかすごい平和な気分になった。

良いものはいい。素直にそう言おうと思った。近頃はめちゃくちゃ面白えなぁ、という日記に出会ったらいいねを押すようにしている。それは自分もいいねを押してもらったことによって救われたことがあるからだ。いいねにはそういう効果があることもこのブログを開設してから初めて知った。

人を認めずに人に認められることもあるまい、とも思う。

先にも言ったが今年は変革の年になりそうである。不思議なもので日記帳の変わり目というのは割に人生の変わり目になることが多い。10冊目の日記帳は2016年の8月から付け始めたもので、全然終わらないなあ、と思っていたのがやっと終わった格好である。今までで一番時間がかかった1冊だったんじゃないか。10冊目の開始直後も結婚したり色々あったが、今年は大変な、別の見方をすればめちゃくちゃ面白い年になりそうである。予感がするんだ。

f:id:yoakenoandon:20190311173304j:plain
10冊目の日記帳。2016年8月8日よりつけ始めた。一発目の日記はタイで書いたようだ。11冊目ではどんな冒険が待っているだろう。
このブログも1年経って、 安定した状態になっているけど、もっと成長できたらいいと思う。1年でまだまだ何がわかるものか。少なくとも3年はやらないと何にもわからないだろう。世の中のスピードは速くなっているように見えるが、時間のかかることはやっぱりどうしても時間がかかるものだ。
最近そう思うようになった。

実際、僕が読んでいる今は有名になったブログでも、最初から現在と変わらないクオリティで書き続けているのに、最初の1年2年は鳴かず飛ばずだったということがザラにある。初期の日記にいいねが一つもついてないのを見て、この人も歯を食いしばってがんばったんだろうなと思った。

逆に速成されたものはわずかな期間しか輝きを見せないものなのかもしれない。

ともかくそういうわけで、じっくりと、ただ力は昨年にも増してしっかりとかけてこのブログをやっていこうと思う。ブログの新たな一年が本当に楽しみだ。

どうか、これからもこのソーリーベイベーをよろしくお願いします。

月曜更新の時刻は18時です。

先日の日記でこのブログを月曜更新にする旨を書いたが、考えてみたら何時に更新するのかを書いていなかった。

毎週月曜日18時に更新とします。

僕のブログを待っててくれる人がもしいたら、
「あの野郎、月曜日更新て行ってたのにいつまで経っても更新しねぇじゃねーか。てやんでぇ、べらぼうめ!えーい、もうヤメダヤメダ!!」
てことになりそうなので告知のためだけにこれを書きました。

日付がもう変わっているので、つまり今日の18時に更新となります。

予約投稿という機能を初めて使うので、実は結構ドキドキしている。
あ、記事の内容は別にいつも通りの感じです。

猫の漫画を描いた。

練習のつもりでクロッキー帳に描いた。
タイトル『習作的ポコ』。

描いてみて、せっかく描くんならちゃんと漫画の原稿用紙に描いた方がいいな、と思った。
時間と労力がもったいないし、何よりwebにアップした時にめちゃくちゃ読みにくい。

以下、一応第1話です。
f:id:yoakenoandon:20190310154306j:plainf:id:yoakenoandon:20190310154532j:plainf:id:yoakenoandon:20190310154555j:plainf:id:yoakenoandon:20190310154619j:plainf:id:yoakenoandon:20190310154642j:plainf:id:yoakenoandon:20190310154725j:plainf:id:yoakenoandon:20190310154750j:plainf:id:yoakenoandon:20190310154850j:plainf:id:yoakenoandon:20190310154908j:plainf:id:yoakenoandon:20190310171732j:plain
第一話終わり。