ソーリーベイベー

一非常勤講師の覚え書きです。天津飯をこよなく愛しています。

漫画(『スラムダンク』)の模写始めました。

絵がうまくなりたい。別に僕は美術部でも美大卒でもないし、絵の関係の仕事をしているわけではないが、漠然とそう思って生きてきた。もしかして同じようなことを考えている人も世の中にはたくさんいるのではないか。

そのためには一体何をすればよいのだろう。インターネットで検索をかけてみると結構な確率で「模写」と出てくる。そして人体の描き方に関する教本の情報も合わせて出てくる。つまりそれらの教本を模写すれば絵は上手くなるということだ。

そこで僕はその本を買う。
例えば、

f:id:yoakenoandon:20181210223836j:plain
「鉄板」と呼ばれる人物画の教科書的存在
このような本や
f:id:yoakenoandon:20181210223912j:plain
こちらも同じく鉄板。「ルーミスとハムやっとけばいい」みたいな風潮が何か知らないけどある。
このような本を買う。
そしてそれらを見ながら模写を始める。あるいは見てなんとなく分かったような気になる。
そしてやめる。模写を、すぐにやめる。多分2、3体しか人体を模写してないのにすぐにやめる。
そしてそれらの本は本棚の奥深くに封印され日の目を見なくなる。

それで僕はもう絵のことなど忘れてしまって、元通りの生活を送るわけだが、ふとした瞬間にまた絵を描きたくなる。絵を上手に描くためには……の流れから同じことを繰り返す。新しい本を買ったり、あるいは本棚奥深くでホコリをかぶっている本の封印を解いてもう一度模写してみようと試みる。
だけど結果は同じ。2、3の絵を模写しただけで再び本棚の奥深くに封印される。

今回また同じような周期になって、絵が描きたくなった。で、インターネットで再び調べ始めるわけだが、出てくる情報は似たり寄ったり。
そこで僕は考えた。何故すぐにやめてしまうのだろうかと。
絵が描きたいと思って描き始めるわけだから、絵は描きたいのだ。なのにすぐにやめてしまうなら、きっと僕はその絵が描きたくないんだ。

そこに気付いた。

そうだ。僕はルーミスの本やハムの本に出てくる絵など全然描きたくない。描いていても全く楽しくないのだ。描いた後の感動もない。そうはいっても練習だからしょうがないのでは?と僕も思っていたが、そういう感じになるのがますます嫌なのだ。練習、勉強、努力……それが無ければ何事も上達しないのは分かっている。分かっているがしかし、楽しくもないのにそこに強制力が働くと、途端にそれらが嫌になる。
「やらなければいけないが、楽しい」これならいくらも努力できる。
しかし「楽しくないのに、やらなければいけない」これは僕がこの世の中で最も嫌うことだ。中学時代の部活を思い出す。
ルーミスの絵はすごく上手だと思うけど、好きではない。好きではないから描いていても楽しくない。楽しくないから続かない。

じゃあ僕は一体どんな絵が好きなんだろうか。どんな絵なら楽しく描けるんだろうか。
そう考えた時に、大学時代よく『スラムダンク』の絵を模写していたことを思い出した。
僕は井上雄彦の絵が好きだった。彼の絵を綺麗に模写できたときに(『スラムダンク』29巻95Pの沢北が3人かわしてダブルクラッチを決めるシーンだった)ものすごく感動したことを覚えている。僕が憧れを持った絵の原点は井上雄彦先生だったのだ。

さらに絵のことを調べている時に、『幽遊白書』の(『ハンターハンター』の)富樫先生のありがたいお言葉を見つけた。先生は絵の上達法について、非常に完結に述べられていた。
「絵がうまくなりたい?うむ、半年間連載ペースで描きなさい。毎週19P」
なるほどと思った。習うより慣れろだ。枚数を描いていないのにうまくなるわけがないのだ。

そこで僕は漫画1冊を丸々模写してみる方法はどうだろうかと思った。単発的な、自分の描きたいところだけを模写するのではなく、最初から最後までその漫画1冊のすべてを模写する。題材はもちろんスラムダンクだ。スラムダンクなら動きのある人体もたくさん含まれているし、あるいはルーミスの本を模写するより勉強になるのではないか。そう思った。それに何より、描いていて楽しいのが最高じゃないか。
ただ、基本的に人体をたくさん描きたいと思っているので、背景は描かずに、さらに下書きも無しでボールペン一発描きで描いていこうと思う。

f:id:yoakenoandon:20181210224105j:plain
1P目。やはり井上神の絵は最高だ。描いていてすごく楽しい。
f:id:yoakenoandon:20181210224554j:plain
2P目。アップの線を一発で取ることは今の自分にはできない。
実際2P分を描いてみて、手抜きなのに死ぬほど時間がかかることにビックリした。これを毎週19P描くとか漫画家ってマジで人間なのかよ。

きっと漫画家は漫画を描くことによって漫画がうまくなっていったんだ。僕もそうなりたい。僕は漫画がうまくなりたいんだ。

f:id:yoakenoandon:20181210224406j:plain
描くうちにスピードも上がるのだろうか?この方法なら楽しく続けられそうである。一日1コマでいいから描いていこうと思う。また気付いたことなどあったら記事を書きたい。

片手漫画飯のススメ

多分小学生ぐらいの幼き時から、現在までやめられないクセが僕にはある。両親からずっと注意をされてきたので、いつの日からか人前ではしなくなったが、一人の時にはどうしてもやってしまう。

それは「ご飯の最中に、片手で漫画を読みながら飯を食べる」というクセだ。
現在36歳だがこのクセがいつまで経ってもやめられない。

「ご飯を作ってくれた人に大変失礼だ」
その通りだ。
「家族団らんでの食事の一時をぶち壊しにしている」
その通りだ。
「みっともないからやめなさい」
その通りだ。

ぐうの音もでないほどその通りだ。
だからもう人前ではしないし、誰かと食事をする時にも絶対にしない。
だけど一人での食事の時にはこっそりやってしまう。
なぜそんなことをするのか、と聞かれたことがあるが、もちろんたまらなく楽しいからだ。

一体いつからこんなクセがついたのか、正確には覚えていない。しかし、恐らくご飯を食べている最中の幼い自分が「暇だな」と思ったことがそもそもの始まりだったのではないかと思う。今でも職場で一人昼飯を食べるときには同じことを思う。それで幼い自分は漫画を片手に取ったのだろう。
これがハマった。

味覚で楽しみながら、視覚をも楽しませる。つまりダブル。飯中に漫画を片手に取った者には「美味しい」と「楽しい」のダブルの快感が押し寄せてくるのだ!その刺激ったらない。一度体験すれば、その素晴らしさを分かってもらえるかもしれない。


やり方はこうだ。

まず飯を用意する。ここで重要なのはあらかじめ片手漫画飯をキメることが確定している場合、どちらかと言うとメインを漫画にすえるということだ。つまりメシを美味しく食べるために漫画を読むというよりは(もちろん片手漫画飯にはご飯を美味しくする絶大なる効果もあるが)、漫画を楽しく読むためにメシが存在する、と考えた方がいい。逆転の発想だ。そこから導き出される片手漫画飯に最適のメシはインスタントラーメン一択になる。

その理由はまずライトであるということ。漫画飯にステーキやお刺身のような重たい食事は合わない。そのような食事はさすがに味覚を存分に楽しませるべきであろう。片手漫画飯をやってもいいと言われても、さすがの僕も遠慮する。
次に自分で、簡単に、すぐ作れるというところ。誰に気を使うでもなく、精神的呵責が少ない。少ないというより皆無である。
最後にヌードルという形状が片手で食べ物を扱うのに大変適しているような気がすること。これはあくまで気がするだけであるが、しかし昔ながらのラーメン屋、中華料理屋にはよくボロボロになった漫画が置かれてある。歴史的な根拠があるのかもしれない。

そして次に漫画を用意する。カップラーメンの場合、僕なら3冊ほど用意する。食べ終わった後スープの余韻と共にじっくりと漫画を楽しむことができるからだ。

f:id:yoakenoandon:20181206183817j:plain
JOJO33巻~35巻はこの日のベストチョイス。
漫画の内容も重たいのはダメだ。シリアスなものよりライトなものを。つまり、漫画、メシどちらにも集中してはいけないということだ。集中しなければ読めないような漫画は片手漫画飯には向いていない。僕は松本大洋の漫画はとても好きだが、例えば彼の作品は漫画飯向きではない。
この日記を書いていて気付いたが、僕は初見の漫画を片手に飯を食べることはあまりないかもしれない。大体は読み慣れた漫画を使う。やはり初見の漫画の場合、集中が必要になるからであろう。
食べているという意識なく食べる、読んでいるという意識なく読む、片手漫画飯においてはそれが一番大事なのだ。読んでいないかのように読める漫画としてはやはり少年漫画がオススメである。ドラゴンボール幽遊白書ハンターハンターみどりのマキバオーグラップラー刃牙頭文字Dなどどうであろうか?刃牙などは初見でも十分漫画飯に使えるレベルにある漫画だ。画像ではJOJOを用意しているが、JOJOも第何巻かによって漫画飯に向いている場合とそうでない場合がある。少し上級者向けの漫画と言えるだろう。JOJOなら一番のオススメはサザエさん感覚で読める第4部だ。

飯と漫画が用意できたなら早速始めよう。持ち方は僕の場合次の写真のようだ。もしかしたらいろんな持ち方があるのかもしれないが、残念ながら僕は他の人が片手漫画飯をキメているところをほとんど見たことが無いのでわからない。自分なりのスタイルを追求してほしい。

f:id:yoakenoandon:20181206183908j:plain
持ち方はこう!
この持ち方なら真ん中の部分が見えにくいが、僕はそんなことは気にしたことがない。真ん中が見えなくたって大体のことはわかる。僕にはそれで十分なのだ。漫画も小説も大体重要なことだけ分かればいいし、何だったら自分の好きなところだけ読めればそれでいい。そういう読み方をしていると思う。

そのあたりも個人差が出るかもしれない。きっちり全部読まないと気が済まないという人もいるだろう。
僕の嫁さんは漫画を読むのが大変遅く、スラムダンク1冊読むのに20~30分かかるほどなので、なぜそんなに遅いのか聞いたことがある。「もしかして効果音とかも全部読んでるの?」と冗談で聞いたら「そうだよ」と言われてめちゃくちゃびっくりした。漫画の読み方も個人差がある。僕の嫁さんのような読み方をする人には片手漫画飯は向かないかもしれない(その方がいいけど)。

ただ、もしハマる性質の人が一度漫画飯の味を覚えてしまうと後戻りできない可能性がある。僕以外にこんなことを言ってる人はあまり見たことがないが、しかしこんなこと人に大っぴらに言えることでもなく、さらに大体はこっそり一人でやることなので、「実は僕も、私も……」という隠れ漫画飯ジャンキーが世の中には溢れかえっているのではないかと僕はにらんでいる。それほどまでの悪魔的魅力が漫画飯にはあるということだ。

いまだかつて片手漫画飯をキメたことがないという方には、大事なものを失う覚悟が必要かもしれない。十分に注意されたし。

フレディーマーキュリーを描いた

本当は映画『ボヘミアンラプソディー』の感想と共に描ければ良かったが、映画が良すぎて感想が先走ってしまった。この絵は一日で描くつもりであったが、急な用事が入って先延ばしにしたところ、元にしてたフレディの画像を探し出せなくなってしまい、中途半端な仕上がりになってしまった。だけどそれはそれで気に入ってたりする。フレディのエクスタシーが描けていればいいな。
今週嫁さんともう一度あの素晴らしい映画を観に行こうと思う。
f:id:yoakenoandon:20181205081537j:plain

まだだ、まだ終わらんよ!

3月17記事
4月16記事
5月11記事
6月10記事



11月4記事

書く本数が如実に減っている。僕のブログを昔から見てくれてる方がもしまだいるのだとしたら、さぞかし
「あぁ、こいつはもうブログやめるんだろうな」
という印象を持たれたことであろう。

事実僕のブログの読者になってくれたはてなブロガーの方の8割ほどはもうブログを更新していない。1ヶ月に20以上更新していたブログが、10そこそこになり、一桁に落ち込み、後はもう風前の灯火。大体1ヶ月、ブログの更新がなければやめたと思っていいのではないだろうか。僕のブログの読者の方を見ているだけでも噂に違わず、大体の人は半年以内にブログをやめてしまうようだ。

そうして、僕も同じような更新頻度の減衰過程をたどっている。
Another one bites the dust.
また一人死ぬ。
そう思われて仕方なかったであろう。

だが違う。それは全く違う。
僕は全然ブログをやめない。やめる気などさらさらない。逆にここにきて気持ちが盛り上がっている。

はてなブログでの経歴こそまだ10ヶ月ほどだが、その前にmixiでは12年ほど日記を書いていた。
すなわち僕はグリーンボーイのフリをしたロートルロートルは死なない。死んだと見せかけて立ち上がってくる。死なないというところにしか価値がない。何をしてでも生き延びることに執着している。ロートルほど生への執着は激しいのだ。

mixiでの更新頻度も、そもそもこの程度だった。1ヶ月に5つ書けばいい方だったのではないか。1ヶ月に10以上も更新してた今春の方が異常だ。ピカピカのはてなブロガー1年生が右も左も分からず、騒がれたくてはしゃいでたのさ。だから今は落ち着いて、mixiで書いてた時とほぼ同じ心境で日記を書けている。

更新頻度が落ちた理由はもう一つ。この秋発売されたswitch版NBA2k19にずっぽしハマりまくってたのだ。
僕には良いときと悪いときとが波打つリズムでやってきて、悪いときは大体何かのゲームにずっぽしハマっている。その時はもう、まるで何ヶ月も何も食べてなかった人間のように、無我夢中でゲームをむしゃぶりつくす。大体100~200時間そのゲームをやったところで我に返って「クソ……なぜオレはあんなムダな時間を……」とスラムダンクのミッチーばりにサボってたことを反省してやり始める。

つまり更新頻度が落ちた時は「あぁこいつまたゲームの沼に潜り込んだな」と思って頂いてまず間違いない。まるでどこかの富樫みたいだが、僕はオンラインゲームには手を出さない。スプラトゥーンを経験して以来、オンラインに手を出したら最後だという意識が常にある。

富樫先生もいつか連載を再開するように、僕もブログを再開する。つまりやめない。しつこいぐらいにやめない。 
何故なら書くことが好きだからだ。それ以外に書く理由など無い。

ただもう少し頻度を上げられたらいいなと思う。せめてドラクエ11のswitch版が出るまでの間だけでも。小4のめいっ子が訳も分からずDS版ドラクエ11をポチポチやってるのをいつもうずうずしながら見ている。いっそDSごと貸してくれないか。

f:id:yoakenoandon:20181203224216j:plain
久々に世界史授業プリント。授業プリントも変わらず作り続けている。あまりしゃべることを書きすぎないように注意しながら。このプリントはナチスの登場の場面だったのでナチスと言えばもちろんジョジョ第二部よりシュトロハイームを、さらに人体実験つながりでアミバ様を、そしてナチス・ドイツ時代にフェルディナントポルシェが作った神機フォルクスワーゲンタイプ1を描いた。なお、この車を誰が開発したかという質問に秒で答えられたのは以前の日記(我が校のアイルトンセナ)で紹介したS君だけだった。

阿刀田高『旧約聖書を知っていますか』『新約聖書を知っていますか』新潮文庫

先日授業に使える本を探しに、ぶらっと寄った本屋でタイトルの本を購入した。聖書は以前から読まなければと思っていたが、大体途中で挫折してあとはそのままほったらかしというパターンになる。
阿刀田高さんの本では他に『私のギリシャ神話』を持っていて、こちらはいつかの日記でも紹介した通り、挿し絵がオールカラーで入っていて大変美しく、また語り口も軽妙でとっつきにくい神話を楽しく読ませてくれる本になっている。オススメである。
『私のギリシャ神話』の記憶があったので聖書も楽しく紹介してくれるかもしれないと期待して購入した。

まだ旧約聖書の方を読み終えたばかりだが、阿刀田さん自身の体験や考えを交え、非常にわかりやすく愉快に聖書を紐解いている。買って良かったと思う。

だが、これは『私のギリシャ神話』を読んだ時から薄々感じていたことだが、どうにも僕は阿刀田さんの文体が肌に合わないようだ。内容は面白い、しかし文体が合わない。
文体というのは割にクセの出るもので本人は気づかないが同じ言い回しをしていることが何度もある。僕のこの日記にもあるだろう。
高校から大学時代にかけて僕は司馬遼太郎にはまりまくり、かたっぱしから著作を読んでいた時期があった。その時に気になった司馬さんの言い回しは

○○はー××××××××ーとは言わない

というものだった。
この言い回しが出てくる度僕は「いや言わんのかい!」と一人心の中で、あるいは声を出して、ツッコミを入れていた。そうしなければ気が収まらなかった。

阿刀田さんの文章で言えば割に「」や短い言葉でつっけんどんに区切ることが多い気がする。転換が素早く、それはそれで軽妙に感じられていいのだが、僕には時にその文体が軽率に映ってしまう。何故だかちょっとイラッ☆としてしまうのだ。さらに『旧約聖書を……』ではその軽妙さがダジャレに発展していることもあった。

例えばアカンという人物が罰せられる場面で、

「名前があかんのとちゃうか」


う、うーん……。

まあこれはこれで置いといて、もっとひどいのはイスラエル軍がエリコの街を襲う場面で、

「うおーッ」
「ぎゃおーッ」
「消費税ハンターイ」
「そーれ、それ、それ鉄骨飲料


は?


消費税反対?鉄骨飲料
ちょっと何言ってるのかわかんないっス。

いやマジで。
時代が違うせいか、僕の頭が悪いせいか、阿刀田さんがマジで何を言ってるのかわからない。街の襲撃と消費税や鉄骨飲料に何の関係があるの?
その直後の文章で
「まあ、まあ、まあ、半畳が入るのは私のエッセイの特徴です」
と書かれてあるが、どこがどう半畳入れてることになってるの?何もわからないので詳しく説明して欲しい。じゃないとフツフツと沸き起こるこのイラつきを収めることができない。

もしかするとこの時阿刀田さんは、ブログを書いていてよく陥る超絶オナニープレイ状態に滅入していたのではあるまいか。しかも「まあ、まあ、まあ、半畳が……」のフォローの入れ方から察するに相当危険な状態だ。フォローになっていないし、何故か若干鼻につく。オナニーが過ぎる。

内容はすごく面白いのだからこんなことでゲンナリさせられるのはなんだかもったいないような気がする。阿刀田さんのファンの方は気にならないのか。
ともあれ新約聖書の方に歩を進めることとしよう。


そうそう、この日記を書いている最中に『旧約聖書を知っていますか』をどこかに紛失してしまった。その現象はあたかも、オナニープレイ満載の恥ずかしい日記が、翌日冷静になったブロガーにより速攻で削除されてしまった様を表すかのようであった。

f:id:yoakenoandon:20181202105544j:plain
旧約聖書の方は隠れるようにどこかへ行ってしまった。恥ずかしい日記をアップしてしまった翌日の気持ち、僕にもよく分かる。

近頃の俺には、50分の授業時間は長いような気がしているぜ

2018年度も半分を超え、3年生の授業ももう数えるばかりとなった。大学受験真っ只中の3年は授業中自分の勉強してるのもいれば、寝てるのもいれば、僕と話をしてるのもいる。皆自由にやっている。

僕の講師としての経験も6年ほどになる。もう落ち着いて、授業なるものの形もはっきりと決まって、まるで流れ作業のように授業をこなせてもいいはずだ。

しかしなんだろうこのザワザワとした感じは。授業をする度に、いや、すればするほど心がザワつく。さらにザラつく。
「この味は、嘘をついてる味だぜ、夜明けのandoon」(GIOGIO第5部 ブローノ=ブチャラティ
そういう感じがいや増す。

その原因が近頃はっきり分かった。
授業の時間が長い、長すぎるのだ。

僕の勤務する高校の時間は1時限50分だ。恐らくほとんどの公立の授業時間もその程度だと思う。
そのことに何の疑問も抱かずこれまでやってきた。

しかし、よくよく考えれば50分は長い。

落語だったらどうだろうかと考えてみる。
50分の落語、長い。長すぎる。
40分でもまだ長い。30分でもまだ長い。
個人的に好きな落語は大体が20分程度のものだ。

一人の人間の話を集中して聞く限界時間はそのぐらいなんじゃなかろうか。
50分じっと座ってそれほど興味もない話を聞く。ムリだ。僕が生徒だったら脱兎のごとく逃げ出すだろう。

数学など自らで解いてみたり、演習したり、作業をしたり、話を聞く以外の内容が授業にあればいいが、社会、特に歴史の授業にはあまりそういったことがない。しかも僕の授業では穴埋めという作業すら省いてしまっている。つまり生徒は授業中僕の話を聞く、僕と話す、やりたければ自分のノートを作る、という以外にやることがない。

だったら作業入れればいいじゃん、ということになるが、作業を授業に取り入れるなら、その作業は最低限僕が生徒とする話より面白くなくてはならない。作業がホントの作業とならずに、生徒が興味と楽しみを持って実践できる何かでなくてはならない。決して生徒の心を殺す何かであってはならない。それは遊びの一種と言ってもいい。そういったものを編み出すのは至難の業だ。
大抵歴史で作業と言えば何かを調べる、それを発表する、この流れに終始することになる。題材によっては面白くなるんだろうけど、生徒はもうそういう「暇つぶし」の作業にまるで完璧に仕上がったアバズレ女の如く慣れてしまっているし、それだったら僕の話の方が面白いんじゃなかろうかと思ってしまう。

一度歴史の授業の一環で、クラス40人で20・20に分け、綱引きをして火起こしをしたことがある。火きり棒、火きり板を授業内で作る時間はなかったのでそれは僕がコーナンで材料を買ってきて自作し、15人ぐらいが集れる押さえの部分のみを授業中に作らせた。
そうして火起こしに挑んだわけだが、高校生のパワーは凄まじい。綱を引き始めてものの10秒そこそこで削れた木屑が真っ黒になり、火種ができてしまった。あまりに早すぎたので、『火というものはそんなに簡単に起きるものではないッッッ!』という僕のシャア・アズナブル的プライドが邪魔をして、そのまま綱引きを続けさせたところ、なんと火きり板の下敷きにしていたダンボールに引火してしまった。
It's the happening!

生徒「イッチニ!イッチニ!!先生、一体いつまでやるんですか!?」
僕「よーし、いいぞ!もうすぐ火種ができそうだぞぉ(もうとっくにできてるけど)。もうひと踏ん張りだ、ガンバレガンバレ!」
生徒「せ……先生っ!ダンボールが燃え始めてます!」
僕「何を馬鹿な。君らは火が起きる順序というものが分かっておらん。火というものはだな、まず火種ができて、しかる後に……うぉっっ!ほっ、ほんまに引火してるううぅぅぅ!!」

本当は火種を火口(シュロの皮)に包んでそれを藤蔓のカゴに入れ、ピグミー族式にグルグル回して火をつける予定だったので、その時は急いで鎮火し、仕切り直してその授業時間内に二回目の火起こしをやった。二回目はうまくいった。
もちろん、教頭に許可を取っての話である。

竹で神輿を作ったこともある。僕は非常勤講師なので、職員会議に出なくてよい。であるので、皆が職員会議をやってるその隙に竹を50本ほどトラックで勝手に校内に運び込み、「竹を運び込んでしまいました」という既成事実を作ってから、これまた教頭に許可を得て、授業で舟神輿っぽいものを作った。

そういう作業なら良いが、週3回も4回もある授業で毎回そんなことできない。毎回そんなことができたとしても、それはそれでもはや「歴史の授業とは?」という大変訳の分からないところまで議論が及んでしまいそうである。つまり大変ややこしい。考えるのが嫌になる。

僕含め楽しい作業ならいいが、そうでないのは嫌なのだ。だから作業をするならたまにでいい。毎回の授業に作業を入れないなら、問題は寝ても覚めてもやってくる週3回、ないし4回の、1回につき50分の歴史の授業をどうするかだ。

もう一度言うが、僕には50分は長い。とても真面目に歴史の話などやってられん。興味を引く内容を含め、歴史の話は30分しかできん。というか30分しかもたん。では残りの20分をどうするのだ。どうすればよいのだ!?他の社会科の皆さんはどうしているのだろう?

このことを考える度「ごまかす」「ねじ込む」「ねじ伏せる」という3つのワードのみが頭の中をグルグル駆け回るが具体的な方策は一体出てこない。

そうしている間に今日もまた、明日がやってきそうである。

f:id:yoakenoandon:20181128220529j:plain
テスト範囲の告知用に描いた。下の空白の部分に範囲や注意事項などを書き入れて生徒に渡した。ツケの払いの時期がやってきたんだ。『明日は20分ねじ込んでいいんだぜ』そうJOJOに言ってもらいたい。

『ボヘミアンラプソディー』を観た

悲しいわけではなく、嬉しいわけでもなく、訳の分からない衝動に魂を揺さぶられて、ただただ涙が流れた。映画館の中で、嗚咽しそうなくらいに。隣にいる嫁さんにその震えが伝わりそうなくらいに。映画を観てあれほど激しく涙したのは初めてのことかと思う。

何故涙が流れるのか。恐らく僕はとてつもなく感動したんだ。この映画の全てに。